腱鞘炎になってしまったら?治療とか手術とか。 その1

腱鞘炎になってしまったら?治療とか手術とか。

けんしょう炎。腱鞘炎、と書きます。
ずっと、手を使いすぎるとなるのだと思っていました。職業病だと。でも使い過ぎだけが原因ではないらしい。もちろん使いすぎでなることもあるけれど。
患者は女性が多くて、ホルモンの影響ではないかと言われているらしい。

腱鞘炎になってしまったら?治療とか手術とか。

10年ほど前に、かなり深刻な腱鞘炎になってしまいました。手がぱんぱんに腫れてしまって、なかなか引かない。
ちょうど仕事も入っていた時だったので、締め切りも迫っているし、困って整形外科の先生に相談したら、
「すぐだよ。大丈夫。」なんて言われて。手術しました。

その直後から、手が使えるようになったのはびっくりでした。

その後も、ときどき具合が悪くなって、ばね指の状態になります。あんまり使いすぎないように気をつけて仕事しています。
いまも完治はしてないけれど、特に問題なく手を使えます。

わたしはいまも腱鞘炎です。

いちばん症状がひどかった時は、リウマチかもしれないと思って、血液検査もしたけれど、なんともなし。
その頃、四十肩も一緒になったので、痛くて痛くて、寝返りも打てないし、熟睡できなくて、ほんとうにつらかった。
あの時の本当の原因はなんだったんだろう。いまもあんまりわかりません。ホルモンも測ってもらったけれど、特に異常なし。年齢相応。

当時の経験を少し書きます。手を使う仕事をしている人には、ぜひ参考にしていただきたいです。

続きます。

予防するにはどうすればいいのか、仕事をしていて、断れないときなどうするのか

、とか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)